法人向けサービス

紛争・訴訟

会社の代理人として紛争や訴訟に対応し、解決を目指します。

サービス内容

  • 弁護士による代理交渉
  • 民事訴訟・民事調停の対応
  • 民事執行・民事保全の対応

例えば

  • 「自社製品のデザインを盗用されたので損害賠償を請求したい」
  • 「自分が営む飲食店がインターネットで誹謗中傷を受けたので訴えたい」
  • 「突然、取引先の代理人弁護士から警告書が届いた」

依頼するメリット

  • 会社の意向を踏まえた臨機応変な対応が可能です
  • 法的枠組みだけに固執せず、妥当な解決を目指すことができます
  • 案件の見通しや現実的な譲歩案を知り、組織や事業の継続性を確保できます

対応分野

債権回収、不動産、会社紛争・経営権争奪、企業再編・ M&A、フランチャイズ・業務提携・合弁会社、労務・雇用、デザイン(商標)・著作権・不正競争防止法、営業秘密・個人情報、保険、IT・ソフトウェア、独占禁止法・下請法、企業刑事犯罪・企業不祥事、インターネット削除請求・風評被害

料金

紛争・訴訟の解決サービスの利用料金の概要
当事務所では、紛争・訴訟の解決に向けたサービスの利用料金を、①請求件数 (着手金) 、②相手方数 (着手金) 、③手続数 (追加着手金) 、④出張回数 (出張日当) 、⑤出廷回数 (出廷日当) 、⑥解決によって得られた経済的利益 (報酬金) 及び⑦事務手数料に応じて計算しています。事前に提案書・見積書を作成しますので、安心してご依頼ください。
解決に向けた流れ
依頼時
着手金 27万5000円
事務手数料 2万2000円/件
交渉継続中
出張日当 5万5000円/回
裁判開始
追加着手金 依頼時着手金の50%
事務手数料 2万2000円/件
印紙代 別途、必要
裁判継続中
出廷日当 5万5000円/回
解決時

報酬金

経済的利益が300万円以下の場合 経済的利益額の16% (税別)
経済的利益が300万円超~3000万円以下の場合 経済的利益額の10% + 18万円 (税別)
経済的利益が3000万円超~3億円以下の場合 経済的利益額の6% + 138万円 (税別)

※請求件数が2件を超える場合、別途、着手金13万7500円/件が加算されます。
※相手方が2人以上の場合、別途、着手金13万7500円/人が加算されます。
※お客様の希望があれば、タイムチャージ方式 (時間制報酬) による対応も可能です。