個人向けサービス

紛争・訴訟

弁護士が代理人として、日常生活で生じたトラブルの解決を目指します。

サービス内容

  • 弁護士による代理交渉
  • 民事訴訟・民事調停の対応
  • 民事執行・民事保全の対応

例えば

  • 「分割予定だった父の遺産を、ある相続人がすべて奪ってしまったので取り返したい」
  • 「交通事故に巻き込まれてけがをしたので、加害者に対し慰謝料を請求したい」
  • 「夫と離婚したいが、財産分与や養育費をしっかりと支払ってもらいたい」

依頼するメリット

  • 弁護士が代理人として窓口となるため、負担や不安を軽減できます
  • お客様の意向を十分に踏まえ、法的視点から紛争・訴訟を妥当な方法で解決できます
  • リスクの内容・程度を知ったうえで解決策を検討できます

対応分野

夫婦関係 (婚姻費用・離婚) 、親子関係、借地・借家、債務整理・破産・民事再生、交通事故、損害賠償請求、成年後見・財産管理、相続・遺言・遺産分割協議、遺留分減殺請求、刑事弁護

料金

紛争・訴訟の解決サービスの利用料金の概要
当事務所では、紛争・訴訟の解決に向けたサービスの利用料金を、①請求件数 (着手金) 、②相手方数 (着手金) 、③手続数 (追加着手金) 、④出張回数 (出張日当) 、⑤出廷回数 (出廷日当) 、⑥解決によって得られた経済的利益 (報酬金) 及び⑦事務手数料に応じて計算しています。事前に提案書・見積書を作成しますので、安心してご依頼ください。
解決に向けた流れ
依頼時
着手金 27万5000円
事務手数料 2万2000円/件
交渉継続中
出張日当 5万5000円/回
裁判開始
追加着手金 依頼時着手金の50%
事務手数料 2万2000円/件
印紙代 別途、必要
裁判継続中
出廷日当 5万5000円/回
解決時

報酬金

経済的利益が300万円以下の場合 経済的利益額の16% (税別)
経済的利益が300万円超~3000万円以下の場合 経済的利益額の10% + 18万円 (税別)
経済的利益が3000万円超~3億円以下の場合 経済的利益額の6% + 138万円 (税別)

※請求件数が2件を超える場合、別途、着手金13万7500円/件が加算されます。
※相手方が2人以上の場合、別途、着手金13万7500円/人が加算されます。
※お客様の希望があれば、タイムチャージ方式 (時間制報酬) による対応も可能です。