月刊ヒューマンライツ2020年8月号に掲載されました。

月刊ヒューマンライツ2020年8月号に掲載されました。

2020.10.27

『月刊ヒューマンライツ2020年8月号(№389)』に、細井大輔弁護士が執筆した「明日をかえる法人ー新たな人権への取り組み 大阪精神医療人権センターの三つのビジョンと実践~安心してかかれる精神医療を実現するために~」が掲載されました。

 

 同書では、

 

 ①大阪精神医療人権センターが大切にする三つの価値観(ビジョン)と実践

 ②大阪精神医療人権センターが活動を続ける理由~精神科に入院中の方から届く声~

 ③日本の精神医療の現状と課題

 ④いま、私たちにできること~声をきき、扉をひらき、社会をかえる~

 

 を軸に、認定NPO法人における持続可能性(サスティナビリティ)のある組織や活動体制を拡充するための実践を紹介しています。

 当事務所では、法律家の視点から、ソーシャルアクションの実践及び拡充に向けた業務も積極的に取り扱っています。

 

 月刊ヒューマンライツ№389についてはこちら

 

 大阪精神医療人権センターについてはこちら

#

お問合せはこちら

06-6484-6071
受付時間:平日9:30~17:00