2020.8.22 医療法人遊心会「臨床のデザイン研究会」において、講師を担当しました。

2020.8.22 医療法人遊心会「臨床のデザイン研究会」において、講師を担当しました。

2020.09.15

 当事務所の細井大輔弁護士が、2020年8月22日、「臨床のデザイン研究会」(医療法人遊心会)において、法律家の視点から精神医療及び精神保健福祉の分野について、講演しました。

 臨床のデザイン研究会とは、哲学者・教育者・医療法人遊心会の医療スタッフが集まり、地域での居場所の在り方や、医療者・支援者の治療実践の在り方について学ばれている有志の会です。

 そこで、細井大輔弁護士は、精神保健業務に取り組む弁護士として、精神科特有の問題や今後の制度のあり方等を解説しました。

 その模様は、医療法人遊心会の2020年8月28日付けFacebookに掲載されております。ぜひご覧ください。

 Facebook記事はこちら

 

 当事務所では、法律実務家の視点から、障害者差別解消法や日本の精神医療及び精神保健福祉の現状と課題に関して、セミナーを引き受けていますので、ご興味のある方は是非お気軽にお問合せください。

 講師派遣及び研修のお申し込みはこちら

 

 ※添付写真 引用元:医療法人遊心会 Facebook掲載の写真

#

お問合せはこちら

06-6484-6071
受付時間:平日9:30~17:00